やまむら歯科

from:副院長・歯科医師 三ツ口 武志



何人かのスタッフにやまむら歯科を選んだ理由、やまむら歯科で働く理由を聞いてみたことがあります。

皆それぞれの考えや思いを語ってくれたのですが、最も多かったのは、

「成長できる。実力が身につく。」

というものでした。

他の医院では
「保険診療ばかりで、高度な治療はやらせてもらえない」
「アシストばかりで患者様を診せてもらえない」
「セミナーで習ったことを実践できる環境がない」
「院長が忙しく全然教えてもらえない。毎日これで良いのか・・・と思いながら診療している」

ということもあるようです。

何年間も勤め上げても、技術や経験が身につかず歯科医師として成長できない。

開業しても競合医院と勝負ができる実力がついていない。

一方でやまむら歯科の勤務医は、担当制で患者様の診療をするので、患者様お一人お一人の治療の経過を追うことができます。

実力がついたら自分のチームをもって専用のチェアで診療をするので、ひとつの医院を経営しているのと同じ経験をすることができます。

研修や院内勉強会もたくさん開催されますし、インプラントや矯正も経験することができます。

他の医院で経験できないことができるので、実力がついて将来開業する時にも大きなアドバンテージになる、ということでした。

あともう一つ多かったのが、

「周りにがんばってる人が多い」

という話。

他の医院だとやる気のない院長やスタッフがいるのだそうです。
成長への意欲が希薄で消極的。毎日その日の仕事を終わらせて帰るだけ・・・

そんな人たちの中で自分1人だけ向上心を持ってがんばるというのはなかなか辛い、ということですね。

その点、やまむら歯科の場合は、スタッフが明るく元気で成長意欲が高いので、良い意味で巻き込まれて自分も頑張らないと!と刺激がもらえるということです。

聞いていて「なるほど。確かにそうかも。」と思いました。

この最も多かった2つのメリット。どちらも結局のところ、自分自身の問題に関わってくることだと思いました。

一言で言えば「どれだけ一生懸命ベストを尽くして働くか」ということに尽きます。

つまり、自分自身が目の前の患者様、治療に全力を尽くしていなければ、どれだけ長い間働いていても実力は伸びません。

いろいろな患者様の対応や難しい症例を経験する機会があるにも関わらず、たとえば失敗するのが怖い、という理由でその経験を避けていたら・・・いつまでたっても実力は身につきません。

チームのメンバーや同僚のモチベーションが低いから・・・と周りを気にしたり、周りのせいにするのではなく、自分自身が一生懸命がんばって目の前の仕事にぶつかっていく。

その姿勢で周りの人に良い影響を与えることの方がよほど効果的ではないでしょうか。

人間は他人の事が気になるものです。他人の仕事ぶり、他人の言うこと・評価。

しかし、他人のことは関係ありません。本当に大切なのは自分自身のことです。

私が質問したスタッフたちが言ったように、やまむら歯科で働くメリット
「成長できる。実力が身につく」
「周りに頑張っている人が多い」
は確かにあると思います。

しかし、そこで自分自身が全力を尽くしていなければ・・・結局そのメリットは何の意味もありません。

せっかく他の医院では経験できないことができる環境があるのですから、スタッフ達にはこの最大のメリットを活かしてもらいたいと思っています。

目の前の事から逃げれば、最も損をするのは自分自身です。

歯科医師としてのキャリアも自尊心も。

しかし、目の前の事にベストを尽くせば、最大の恩恵を受けるのは自分自身です。