やまむら歯科

from:副院長・歯科医師 三ツ口 武志



歯科医院のすべての仕事は、医院の成果につながっています。

しかし、仕事にはいろいろな種類があって、

目に見えて成果につながっているものもあれば、

一見、直接的ではないけれども間接的に成果につながっていたり、

時間が経ってから成果につながる仕事もあると思います。

当然どちらの仕事もとても重要です。


例えば歯科医師や歯科衛生士が、しっかりとした治療ができなければ、患者さんが来院されなくなり医院は存続できなくなります。

受付や歯科助手、事務のスタッフたちの業務が欠けてしまえば、やがて医院の業務が止まったり効率が悪くなったりして医院の運営に大きな支障が起きるでしょう。


どこの歯科医院や一般の会社でも、新しく入ったスタッフなどは最初のうちは、直接成果につながるような業務を任されることはありません。

最初はアシスタントの業務のようなものが多くなります。

アシスタントの業務は直接成果につながるものではありませんが、それがなくては歯科医院全体として成果を出すことができない大切な業務です。

医院全体の仕事を理解できるようになったとき、基本的な仕事、地道な仕事、細かい仕事ほど、継続してやらなくてはならない大事な仕事だと気が付くと思います。


直接的に成果につながらない仕事だからといって、こういった仕事をおろそかにする人で成果を出せる人はほとんどいません。

周りからみれば基礎知識がない事や基本的な業務ができていないことはすぐにわかります。

こういった基本的な仕事をおろそかにする態度というのは、必ずあらゆるところに出てきているものです。

例えば、サッカーや野球でボールを使った練習は、直接成果につながる練習だと言えます。

でも、ボールを使った練習だけして、ランニングとか筋力トレーニング、コンディショニングなどをおろそかにしていたら・・・

試合中にすぐに体力が切れて「あいつはトレーニングさぼっているな」とバレてしまいますよね。

きっと試合で結果を出し続けることはできません。

そうなるとその人に仕事を任せることが難しくなってしまいます。

頭の良い人ほどそういった基本的な仕事、地道な仕事、細かい仕事を軽視しがちな傾向があるように思います。


どこの医院でも会社でも細かく分類すれば驚くほどの量の仕事があります。

仕事中には「面白い仕事」「面白くない仕事」があると思うかもしれません。

しかし、そうではありません。

どんな仕事でも、面白く仕事をする人

どんな仕事でも、つまらなく仕事をする人

がいるということだと思います。


どんな仕事でもそうですが、ずっと仕事をやっていると毎日同じことを繰り返すようなものが多くなります。

そして仕事で成果を出す人というのは、同じことを飽きずに繰り返すことが出来る人だと思うのです。

例えばイチローさんが長く現役を続けて、驚くべき実績を残せたのは、間違いなく基本的で地道なトレーニングを毎日続けられたからです。

つまり大切なのは、基本的な仕事、地道な仕事、細かい仕事を継続してできるか、ということです。


いま、目の前の仕事を軽視したり手を抜いたりしている人は、きっと、どんな仕事を始めてみても、最初は良いけれどやがて飽きてやらなくなってしまうでしょう。


目の前の仕事に全力を尽くすこと。

仕事が面白い、つまらないではなくて、自分が、

この仕事を楽しめるか?

改善できるか?

ベストを尽くせるか?

ということが大切なのだと思います。