やまむら歯科

from:入社2年目 歯科衛生士


こんにちは。私はやまむら歯科入社2年目の歯科衛生士です!

突然ですが、あなたは就職するのが楽しみですか?それとも不安ですか?私は、歯科衛生士は一生続けていきたい職業だと思っています。

ただ、当院では矯正からインプラント、小児まで歯科全般を扱うため、勉強不足だなと感じることもやはりあります。知識以外の場面でも、成人の歯周病患者さんを少しずつ担当させていただく中で、年齢が離れている患者さんと何を話そうか戸惑うことがまだまだ多いのも事実です。

これから就職活動をされる衛生士の方の中には、担当患者さんを持つことにプレッシャーを感じたり、担当患者さんを持たない「広く浅く」なスタイルの歯科医院へ就職しようか迷っている方も多いかもしれません。

これは個人的な意見ですが、私は歯科衛生士という仕事を長く続けていこうと考えていたので、担当制があるやまむら歯科を選びました。やはり、治っていく過程をずっと診られることで得られる学びは何倍も多く、患者様と二人三脚で治療を進められるという達成感も違いますね。

実際に、やまむら歯科には「担当制で患者さんを診たい」と言って転職してこられた衛生士の先輩方も多いんですよね。

自分の中の優先順位を決める

あなたが就職先に期待することはいくつもあるかもしれません。お給料、休み、診療時間、、、いろいろあると思います。

歯科衛生士という資格の魅力の一つに、転職に強く・働きやすい環境を選べるということが挙げられると思います。でも、それは「歯科衛生士としてのスキルが身についている人」というのが大前提です。

だから私の場合は、就職先には「歯科衛生士としての成長」を求めました。

当然、担当患者さんを持つことは責任が伴いますが、自分たちで院内勉強会や症例検討会を行ったり、困ったときには先輩方にアドバイスをいただいたりしながら取り組んでいます。勉強したことが全て患者様のためになりますし、衛生士として一からきちんと学びたい、勉強と臨床をリンクさせたいと考えている方なら、やまむら歯科で得られることは多いはずです。